愛犬もずくと過ごす毎日の生活や印象に残ったことの日記

お犬様 ミニチュアダックスもずくとの生活

グルメ

鯖そうめん 翼果楼

それ組み合わせちゃった?!
と、話を聞いた時にビックリしちゃった「鯖そうめん」。

でも滋賀県長浜市の郷土料理でもあって、素麺に鯖をのせただけなのに美味しいらしい。

滋賀県長浜市の黒壁スクエアにある、鯖そうめんを提供している翼果楼(よかろう)というお店は行列もできているぐらい人気らしいし…
というわけで、鯖そうめんを求めて調査に行ってみました。

鯖そうめん 翼果楼

商家を使っているらしい、翼果楼(よかろう)さん。

このお店の外観、風情があってカッコいいよねー。

で、さっそく鯖そうめんを♪
なんて思ったんだけど、お店はすごい行列。

行列に並ぶのも暑いし大変だし、でも長浜市の黒壁スクエアまで鯖そうめんを食べにきたのに諦めるのは…
と思っていたら、「お持ち帰りできます」との案内を発見!

しかもお持ち帰りはすぐに準備できるって、翼果楼(よかろう)、神!!

翼果楼の焼鯖そうめんをテイクアウトして、琵琶湖周辺でピクニックすることにしました。笑

翼果楼はテレビでも紹介されてたり芸能人もたくさん来店してたりもしてるみたい。

鯖そうめんが美味しいだけじゃなく、それだけでも話題になってお客さんくるよねー。

焼鯖そうめん お持ち帰り

お持ち帰り用の焼鯖そうめんを受け取り、黒壁スクエアを離れて琵琶湖の方へ向かうと、琵琶湖を眺めながら座れる場所を湖岸沿いにすぐに発見♪

琵琶湖を眺めながらいただきます、翼果楼(よかろう)の焼鯖そうめん。

素麺のお持ち帰りってどんなんなるんや?!
と思っていたけど、こういう感じなんですね。

肝心の焼鯖そうめんのお味ですが、正直、

"缶詰めの鯖を茹でた素麺に乗せたら、それだけで「鯖そうめん」になるやん。"

なんて思ってたけど、山椒の風味も程よくきいていて鯖の臭みもなく想像以上においしい。

焼き鯖も骨までホロホロで、これが素麺と合わさって味わい深いんだなー♪

翼果楼(よかろう)の焼鯖そうめん、鯖好きなら一度は食べてみてほしいです。

次は古民家風の風情ある店内で食べたい、翼果楼(よかろう)の焼鯖そうめん。

焼鯖寿司も。笑

黒壁スクエア 観光

観光するためではなく、翼果楼(よかろう)の「焼鯖そうめん」を食べるため、黒壁スクエアを目指した管理人。

だけどせっかくだからと、ちょっと黒壁スクエアも散策して観光しました♪(ついでみたいな言い方。笑)

黒壁スクエアですが、古い町家やレトロな建物、飲食店が建ち並んでいて、宿場町として栄えた時代の風情があって良い感じ。

黒壁スクエア、人気の観光スポットになってるのも納得ですねー。

ガラス細工を扱った雑貨屋だけでなく、近江牛を使ったご飯を提供しているお店も多かったり、おしゃれなカフェもたくさんあって…

黒壁スクエアで食べ歩き。
なんて過ごし方も楽しいかもです。

古民家を改装した感じの「しぜん堂」というカフェも気になったー。

なにやら、滋賀県米原市の伊吹山にある「いちご農家 しぜん堂」直営のカフェらしい。

あと写真は撮影し忘れたけど、鳥喜多(とりきた)というお店は親子丼が有名らしくてすごい行列でした。

まとめ

鯖そうめんを求めてやってきた、滋賀県の長浜市。

琵琶湖を眺めながら翼果楼(よかろう)の焼鯖そうめんを食べれたし、黒壁スクエアも観光できたし、思っていたよりしっかり漫喫しました。

まるい食パンもおいしかったし♪
まるい食パン つるやパン

「のっぺいうどん」も長浜名物らしいし、次に長浜に行ったら「のっぺいうどん」も食べてみたいなー。

ちなみに「のっぺいうどん」は、味を含ませた大きな椎茸を出汁の入ったうどんにのせ、そこにかたくり粉を混ぜた餡かけをかけている長浜市の郷土料理なんだって。

-グルメ
-, ,

Copyright© お犬様 ミニチュアダックスもずくとの生活 , 2019 All Rights Reserved.