ミニチュアダックスフントの愛犬"もずく"と過ごす、毎日の生活や印象に残ったことの日記

お犬様 ミニチュアダックスもずくとの生活

車いじり

エブリィ(DA64V) サーモスタット交換 ETC取り付け

エブリィ(DA64V)のサーモスタット交換とETC取り付けを、いっぺんにしてみました♪

ほんとはエンジンがどうもオーバークールのような状態になってて、この寒い時期にヒーターの効きが悪いのでサーモスタットの交換だけしようと思ってたんですけど、エンジン止めてからすぐにサーモスタットの交換なんてしたら危険じゃ。

ということに、途中で気づいたので(笑)冷えるの待ってる間にETCでも取り付けてあげよう。
という感じです。

軽バンだしそんなに高速を乗ることもなさそうだけど、ETCがついてる方がいいですよね、いざという時のために♪

エブリィ(DA64V)のサーモスタットは運転席と助手席の間にあるので、まずはシートを跳ねあげて

真ん中のサイドブレーキの取り付け部分も邪魔なので取りたかったんですが…

外すのが面倒だから、台のボルトだけ4本とって横にずらした。笑

これで十分、サーモスタット交換の作業できますよ♪

肝心のサーモスタットは、ここに鎮座しているのです。

ちなみにこのキャップのようなものは外さないこと。

このキャップみたいなのを外すと再利用できなくなり、ASSYでの交換になっちゃいますよ。

12mmのボルト2本を外して、ラジエターホースの付いている部分を丸ごと外すとサーモスタットがお目見えします。

当然ラジエター液(クーラント)は出てきますから、注意。

そう、そしてここでエンジンが熱々のことに気付いたので、ETC取り付けをして時間を潰したのです。笑

オーディオの裏からETCの電源を取ることにしたので、まずはパネルを外して

パネルはボルトなどなく、ぱかっとハマってるだけ。

力技で引き取ります。

↑ クリップの位置、参考になると思うよ。

あとはオーディオを固定しているボルトを外すだけ。

ちょー簡単。

ETCのセンサーをフロントガラスに貼り付けて、配線はAピラーを這わせてダッシュボードの中へ。

ETC本体は、見えない場所に隠しときました♪

ETC取り付けをしていたらエンジンも冷えたので、サーモスタットの交換の続きですね。

とはいっても、あとはさっきの12mmのボルトを外し、新品のサーモスタットと交換をして元に戻すだけ。

でてきたサーモスタットは、やっぱりダメになってました。

新旧比較

よくわからないですよね。笑

もともと付いていたサーモスタットは、こんな感じでゴムがちぎれて噛み込んでて

ちゃんと蓋が閉まらない状態になってたんです。

これだと冷却水がずっと循環してるから、負荷をかけ続けないとエンジンが温まらなくて、ちゃんと燃焼してくれないんです。

冷却水が温まらないゆえにヒーターも効かないんですね。

新しいサーモスタットをついていた向きで取り付けて蓋をしたら、エア抜きして完成♪

※ エア抜きのボルトは、サーモスタットの入っていたカバーの横についてる8mmのボルトです。

ちなみにエブリィ(DA64V)のサーモスタットの値段は、部品屋さんで純正の同等品を買ったけど1200円ぐらいでした。

安い部品だけどエブリィ(DA64V)はサーモスタットが悪くなりやすいらしく…

管理人みたいにサーモスタットが開きっぱなしで、エンジンがオーバークールの状態になっていたのならまだしも(十分エンジンに悪いけど)、サーモが開かないとエンジンがオーバーヒートしてパーになりますからね。

エブリィ(DA64V)のサーモスタット交換もETC取り付けもすごく簡単だったので、興味があればやってみてください。

-車いじり
-, , , , ,

Copyright© お犬様 ミニチュアダックスもずくとの生活 , 2020 All Rights Reserved.