愛犬もずくと過ごす毎日の生活や印象に残ったことの日記

お犬様 ミニチュアダックスもずくとの生活

車いじり

オイル交換 上抜き DIY

投稿日:

ジャッキアップして、エンジンのドレンボルトを緩めてオイルを排出し…
パッキンを交換してドレンボルトを規定トルクで締め付けて、オイルフィラーキャップからエンジンオイルを注入する。

という「下抜き」と呼ばれているよくある普通のエンジンオイルの交換方法で、ずっとエンジンオイルを交換してきた管理人。

エンジンオイルを上抜き?そんなのエンジンのスラッジも抜けないし、エンジンオイルは下抜きで交換するべきだろ!
エンジンオイル交換の度に下回りをチェックするのは、車の調子を見るためにも当然だ!

なんて思ってたのに、上抜きする道具(ポンプ)を購入。笑

しかもエアーコンプレッサーにつないで使える、ちょっと良いやつ♪

(STRAIGHT/ストレート) フルードエキストラクター 6.5L エアー/手動両用

いやね、確かに上抜きでは、オイルパンに溜まったスラッジを抜き取るのは難しいのかもしれないけど。

でもそれは、マグネットのついたドレンボルトを使っていないと、下抜きをしたところでたぶんスラッジを抜き取りきれない。

それにオイルパンの形によっては、上抜きの方がエンジンオイルが抜ける車種もあるし…
エンジンオイルの交換は頻繁にするものだから、楽したいじゃない。(これが本音)笑

エンジンオイルを下抜きで交換するとエンジンオイルが漏れてないかとかのチェックはできるけど、それはそんなに頻繁にしなくてもちゃんと機会を設ければ良いしね♪

DIYで上抜きのエンジンオイル交換に挑戦!

というわけで上抜きできるポンプも購入したので、DIYで上抜きのエンジンオイル交換に挑戦です。

交換する車はこのホンダのフィット(GD1)。

エアーコンプレッサーから遠い場所に車を停めて、エアホースを回してくるのが面倒だったので、今回は手動のポンピングでやってみます。

エンジンオイルのレベルゲージを抜いて、ポンプのホースをスイッと入れる。

購入したポンプには管の太さが2種類付属していて、細い方のホースが良い感じでした。

太い方のホースだけしかなかったら、レベルゲージの太さが細いから上抜きできないとこだったかも。

ポンプとホースをつないだら、自転車の空気入れのようにポンピング♪

数回ポンピングすると…
エンジンオイルが吸い出されてきました!

一旦エンジンオイルが吸い出され始めると、ポンピングをやめてもどんどん吸い出してくれます。

エンジンオイルをこぼしてしまうこともないし、これはめちゃくちゃ楽チン♪

ポンプにメモリもふってくれてるんですが、約3.5Lしっかりエンジンオイルを吸い出してくれました。

抜き出した量が一目でわかるから、新しいオイルを用意するのも確実な量がわかって楽です。

「この車のエンジンオイルって、交換するとき何L必要だったっけ?」なんて、いつも思い出いながら新しいエンジンオイル用意するもんな。

まとめ

ガレージジャッキを持ってきてジャッキアップし、馬をかけて車の下に潜って…
ということをする必要がないだけで、オイル交換が好きになりそうなぐらい楽チンにエンジンオイルの交換ができてしまいました。

フィット(GD1)の場合は、下抜きするよりも上抜きした方がエンジンオイルがよく抜けたし、これからは上抜きだな♪

よく抜けたというか、エンジンオイルがほぼ全量交換できたんじゃなかろうか。

エブリィ(DA64V)とジムニー(JA11)もよくエンジンオイルを交換するので、こっちも上抜きがいいのか下抜きがいいのか、また上抜きでエンジンオイル交換してみて調査してみます。

「エンジンオイル交換は上抜きが最高!」という結論となってそうな気がするなー。

エンジンオイルの交換が、楽で手間かからないし。笑

-車いじり
-, , , ,

Copyright© お犬様 ミニチュアダックスもずくとの生活 , 2018 All Rights Reserved.